活性酸素を抑制するビタミンEについての情報ページ

活性酸素を抑制するビタミンEについて

活性酸素を抑制するビタミン

活性酸素を抑制するということは、皮脂の酸化も抑えるという効果があるので、肌のバリア機能の低下も防ぎます。

 

肌のバリア機能が活性化すると、外部からの刺激に強くなり、内部の水分もしっかり保持できるので、若々しい素肌になることができるのですね。

 

さらに、ビタミンEには血行促進効果もあります。

 

ビタミンEを摂取すると、血管が広がって血液の流れがスムーズになり、さらに血液の量も増えるので、血行を促進してくれます。

 

この効果によって、肌のすみずみまで酸素や栄養が行き渡り、肌のターンオーバーも活性化されます。

 

ターンオーバーは、新しい肌細胞を表皮まで押し上げて、ダメージを受けた古い角質を剥がしていきます。

 

ですから、ビタミンEをしっかり摂取していれば、いつまでもみずみずしい素肌を保つことができるのです。

 

このように、ビタミンEは老化を防ぐ効果を持っているので、エイジングケアには絶対に欠かせない成分と言えるのですね。

活性酸素を抑制するビタミンEについて 記事一覧

活性酸素を抑制するビタミンEについて 先頭へ戻る