日焼けによるシミが出来る前にアンチエイジングの情報ページ

日焼けによるシミが出来る前にアンチエイジングする?

日焼けによるシミ

海水浴とかに行くとそうですが、まずはシミができないように日焼け止めを使用すると思いますが、シミができにくい肌にするためには普段から保湿をすることが大切です。

 

肌の水分量はスキンケアでセラミドやコラーゲンなどを補うことが大切ですが、コラーゲン生成に関わる女性ホルモンやコラーゲンなどの食事で取った栄養などが血液によって運ばれてきます。

 

肌に必要な栄養などは毛細血管によって最後供給されていきます。ですので毛細血管などの血液循環を良くすることが大切ですが、血管は柔らかいと運搬能力が高いのですが、硬くなると運搬能力が下がってきます。

 

これを血管年齢が高いといいますが、血管年齢を若くすると美容面に対してアンチエイジングも望めるようです。ですので血液循環を良くしたりするというのは、アンチエイジングに良いですが、毛細血管が多いところは筋肉なのでエステやマッサージとかで筋肉とかのこわばりとか硬さをとってあげるとよいでしょう。

 

また夏場は血液循環が水分不足で滞りやすいので水分量を確保することもシミが間接的にできにくい要因をつくります。

 

特に夏場はバテやすいので運動とかもしたくなくなりますが、やはりアンチエイジングには欠かせないのが運動、食事が大切なので頑張ってみましょう。

 

また、夏場はあまり食欲も湧きにくくなるのでアンチエイジングサプリのようなポリフェノールが多く配合されている肌の成分や肌に良い成分が入っている美容成分が豊富なアンチエイジングのサプリメントなどを活用していくとよいでしょう。

日焼けによるシミが出来る前にアンチエイジング 記事一覧

日焼けによるシミが出来る前にアンチエイジング 先頭へ戻る